top of page
検索
  • hamat

ハマテックの紹介

 雨、雨、雨・・・。コロナ、緊急事態宣言・・・。憂鬱な日々が続く今日この頃。

本日は雨で現場が延期の為、たぶん誰も読んでいないであろうブログを久しぶりに更新しようかと思います。

 毎回現場(工事)の事を記載してきましたので、今回は弊社の紹介?こだわり?みたいなことを書いていきたいと思います。


 倉庫内の写真です。棚は手造りしました。弊社では新築バルコニー・改修バルコニー・耐蝕・貯水槽他、いろいろなFRP施工をするため、多くの材料や機材が必要となります。なるべく物を増やしたくない(自称ミニマリスト)のため、これでも最低限必要な物しか置いていないつもりです。

 自社でやれる事とやれない事をはっきりして、やれない事は外注さんや元請さんにお願いするようなスタイルでやってます。『なんでもやります』といった業者ではありませんので、御了承願います。ただご相談には乗りますのでなんなりと!


 FRPのメイン材料のひとつ、ガラス繊維です。通常メーターマットと言われる約1m幅のマット(写真右端の段ボール)を適切な長さに裁断して使用する業者さんが多いと思いますが、弊社では幅マット(300㎜・350㎜・400㎜・520㎜・740㎜等)も使用します。同じガラスマットなのに、メーターマットに比べて、金額は通常の1.3倍ほどします。幅マットを使うメリットは、作業員の裁断手間を省けることと、特にバルコニー等の立面施工では、横貼りができるため、ガラスマットの継目を無くしてキレイに仕上げることができます。


 その他、弊社では仕上げトップコートをメーカー通常仕様品では無く、軟質のものを使用しています。これも金額は通常の1.2倍ほどしますが、トップコートの表面クラックの軽減に効果があります。仕上がった時の見た目は、通常のものと変わりませんが、数年経過したときや入隅など割れやすい部分に対して、違いが出てきます。


 ただFRPを施工するだけでなく、細かい部分や見えない部分もこだわった施工をすることで、他社との差別化を図り、すぐに違いが分からなくても、数年たった時に、やっぱりハマテックに頼んで良かったと言ってもらえるよう、日々努力や工夫をしたいと思います。


 たぶん誰も読んでいないであろうブログに書いてみました(*_*)

このブログも、数年たったときに意味のあるものになっていることを信じて・・・


 



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page