top of page
検索
  • hamat

受水槽内部修理

R5.2に某大手ショッピングモールの受水槽内部修理を行いました。今回は、初めて弊社のホームページを見たという業者の方からの連絡で、規模も大きかったため正直最初は受注するか迷いました。自分で言うのもなんですが、弊社のホームページはなかなか検索しても上位にあがってこないため、失礼ながら「あまり信用していない」と直接お伝えさせて頂きました。ただ先方様の受注金の2割を先行して振込んで頂けるとの回答と、ここで受注しなければ何のためにホームページを作っているのかとの廻りの声もあり、受注させて頂きました。(後から聞いた話では、十社以上連絡してやっとの思いで弊社と契約したそうです)


工事内容は、内部のパネルジョイント部を天井以外全てライニングしました。洗浄や水質検査も含めてやってほしいとの話もありましたが、そちらはお断りしました。やはりFRP専業として、そこだけなら安く丁寧な仕事を提供できるため、そのメリットを分かってもらうためにもFRP工事のみ施工させて頂きました。


















着工前











ライニング状況



                       ライニング完了


















完了



受水槽パネルは内部離型剤が入っているため、通常より剥離しやすい下地状況となっています。そのため、研磨及び溶剤拭きは入念に行い、ライニング前の仮コーキングもいれました。樹脂やトップコートが下地処理を行っていない箇所に付くと、剥離する可能性が高いため、何度も見切りテープを貼り直しました。細部までこだわって綺麗に仕上ることができました。


受水槽工事は、受水槽専門の業者が洗浄・水質検査・配管・内部及び外部補修等すべて込みで施工することが多いようです。ただ今回のような内部FRP修理のみに関して言えば、弊社であれば安く綺麗に仕上ることができます。そこにメリットを感じて頂ける方は、是非お声がけ下さい!

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年の夏に名古屋鉄道様所有の屋内プール施設貯水ピットを施工させて頂きました。そのご縁もあり、12/11(日)に犬山市の野外民族博物館リトルワールドで開催される「第5回世界一周マラソン大会」に協賛させて頂きました。 ホームページにも弊社の名前が掲載されていますので、是非確認してみてください! ただ他の協賛はコカ・コーラ、NEC、JCB等、有名な企業ばかり。その中にハマテック・・・?どこのなんの会社?

bottom of page